不動産ジャーナリスト 大越事務所
>>トップページ>>最新記事>>マンション経営の天国と地獄③
 
メールでのお問い合わせはこちらから
トップへ戻る
大越 武 :経歴
最新記事
活動報告

 


*日本不動産ジャーナリスト会議

*上智不動産ソフィア会

*大学不動産連盟

*(株)レックアイ

*「企業広報」活動について PDFへリンク

*不動産市場の現状と今後の生き残り戦略 PDFへリンク

*「マンション事業をめぐる現在の問題点と今後の展望」 PDFへリンク

*都市におけるマンション開発の基本的視点・基本姿勢 PDFへリンク

シンポジウム: 都市の環境を見直す 景観の保全・創造と再開発 PDFへリンク

 

マンション経営の天国と地獄③
「盤石な旧財閥系大手デベと、体力のない新興中小デベの差」

発売戸数上位に旧財閥系大手がズラリ

表  2008年9月のリーマンショック後に生き残ったマンション業者は、旧財閥系の大手ディベロッパーが中心となってしまった。09年の事業主別「全国マンション発売戸数ランキング」(表参照)の上位10社をみても、2位に躍進した住友不動産活ネ下、4位三井不動産レジデンシャル梶A6位野村不動産梶A8位三菱地所鰍ニ旧財閥系大手デベがズラリ並んでいる。
 一方、1位は専業大手生き残り組の椛蜍桙セが、一度は破綻し、国に救済されて今はオリックス且P下のもと再生・無配中だし、3位の藤和不動産鰍熨蜍椏ッ様、三菱地所の傘下となって、11年の1月1日には、統合新会社の「三菱地所レジデンス梶vに吸収され、社名も同時に消えてしまう。5位の褐叶″H務店も09年秋に会社更生法を申請、大京の投資ファンドの系列となって再生開始する。さらに7位のコスモスイニシア(旧リクルートコスモス)も、9位の大和ハウス工業鰍ニ投資ファンドの支援で再建中だ。
 これらの会社は、いずれもが元個人オーナー型新興デベから大きくなっていったマンション専業業者で、盤石な旧財閥系の大手デベと比べ、際立った苦境に立たされている。

新興デベは専業ゆえの多くの弱みが

 ではなぜ旧財閥系大手デベは強いのか。それは不動産業の根幹ともいえる都市開発事業や賃貸ビル事業を経営の中心に据え、マンション事業はその一部門であり、その総合力が強みとなっているからである。賃貸ビルや株などの豊富な資産と内部留保の長年の蓄積が経営を盤石にしているのだ。
 それに比べ、新興デベは専業業者として独自のノウハウ・強みがありながらも多くの弱点も持っており、バブルの崩壊や、世界的な金融危機の荒波が来ると、一挙に体力のなさが表面化し、たちまち経営が苦しくなってしまうのである。

出典:月刊不動産流通2010.11

PDFへのリンク

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(C) 2010 office okosi